TOP
TOP : 花粉症を軽くするためには!
投稿者 : なかのクリニック on 2013-03-09 07:00:00 (7089 アクセス)

★晴れて気温が高く風が強い日は花粉が多く飛びます。
 テレビなどの花粉情報や天気予報をこまめにチェックしましょう。
★花粉症を起こす植物は約40種類あります。
 症状が治まらない時はスギ以外の花粉症のおそれがあります。
 また、室内のダニやペットの毛などが原因で一年中症状が続くアレルギーを起こしていることもあります。原因をはっきりさせてそれに応じた対処、治療を受けることが大切です。
★自己判断をせずに、医師の診断を受けて適切な治療と予防策を取りましょう。

外出時の注意
花粉との接触をできるだけ避けましょう。
★マスク、眼鏡(ゴーグル型が望ましい)を掛ける。
★サラサラ、シャカシャカ(ウインドブレイカー)素材の花粉を払い落としやすい上着を着る。
★花粉が髪の毛に付着しないために帽子をかぶる。

帰宅時の注意
花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。
★家に入る前にコートや帽子、髪の毛に付いた花粉を払い落とす。
★帽子やコートなどは室内(特に寝室)に持ち込まないようにする。
★手洗い、うがいをするのと同様に洗顔をして目のまわりに付いた花粉を洗い流す。
★洗眼薬は市販されていますが水道水の流水でも大丈夫です。
★毎日洗髪をする。洗髪しないと枕に花粉が付き一晩中症状が悪化します。

日常生活の注意
★晴れた日、風の強い日に洗濯物、布団を屋外に干すのは控えましょう。
★家の窓は閉めておきましょう。
★清潔を心掛け、丁寧に掃除しましょう。特に掃き掃除は大切です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

コメントの権利は投稿者にあります。私たちは投稿されたコメントに責任を持つことはできません。
カレンダー
前月2019年 7月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
ログイン

ユーザ名:


パスワード:




パスワード紛失?